×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


エピローグ

133 名前:
1 ◆ndPkY/NmQ6 投稿日: 2005/12/27(火) 00:50:30 ID:eNrM/5SKO

 _く_ゞ
(シ○∀O)「行ったか‥‥」

長岡は冥界の深い闇の中で自嘲気味に笑みを漏らした。
内藤は逃がす事が出来た。それだけで心から満足している事が自分自身滑稽だった。

もともと最初に裏切ったのは自分だった。

( ^ω^) (絶対に助け出してみせるお!!)

無力だったアイツの精一杯の言葉。でも俺は古代人の意志を継ぐ事を選んだ。

そして俺達は敵同士になった。
それでもアイツは俺を憎みはしなかった。それどころか殺し合いの最中でさえ俺達は親友だったんだ。

ふふ‥‥相変わらず馬鹿らしい程いい奴だよ。お前は。
本当に次に会うのが楽しみだよ。

そう。俺は犠牲なんかじゃない。
今度こそお前を信じぬいてみせる。
俺はまたお前に会うんだ。

じゃあな‥‥それまでサヨナラだ‥‥内藤。

134 名前:
1 ◆ndPkY/NmQ6 投稿日: 2005/12/27(火) 00:51:07 ID:eNrM/5SKO


             エピローグ


136 名前:
1 ◆ndPkY/NmQ6 投稿日: 2005/12/27(火) 00:53:38 ID:eNrM/5SKO

最後の戦いから一週間後、内藤はバーボンハウスの前でマスターに旅立ち の挨拶をしていた

(´・ω・`)「本当に行ってしまうんだね」

マスターが内藤に残念そうな声で話しかけた。

( ^ω^)「はいだお。
      世界中の古代人の遺跡を調べれば長岡を助ける手段が見つかるかもしれないお」

./ ,' 3 `ヽ「本機のデータベースに残る古代人ノ遺跡ノ位置ヲ調べレバ何らカノ手掛かりガ見つかるト思われマス」

(´・ω・`)「そうか‥‥寂しくなるな‥‥」

137 名前:
1 ◆ndPkY/NmQ6 投稿日: 2005/12/27(火) 00:55:00 ID:eNrM/5SKO

少しの沈黙の後マスターが少し言いにくそうに口を開いた。

(´・ω・`)「正直‥‥私は君に行ってもらいたくはない。
       君がジョルジュの為にここまでしてくれるのは嬉しいんだが‥‥
       怖いんだ‥‥君が君のお父さんと同じ道を進みそうで‥‥」

( ^ω^)「大丈夫ですお。
      父さんは誰も巻き込むまいとして自分から一人になったお。
      でも僕はみんなとの絆を信じていられるから地平線の向こうへ次の一歩を踏み出すことができる。
      光る風すらも追い越して行けるんだお」

(´・ω・`)「‥‥ホライゾン君‥‥本当に強くなったな‥‥。
      君のお父さんも天国で喜んでいるはずだよ」

138 名前:
1 ◆ndPkY/NmQ6 投稿日: 2005/12/27(火) 00:58:20 ID:eNrM/5SKO

( ^ω^)「ええ。そうだと嬉しいお」

./ ,' 3 `ヽ「内藤様。時間ガ迫っテイマス。オ急ギクダサイ」

XARAの機械的な響きを含んだ声が二人の会話を遮った。
内藤は自分の左手の腕時計をのぞき込んだ

( ^ω^)「ん?もうこんな時間かお?
      それじゃあマスター!!いってきますだお!!」

(´・ω・`)「ああ。達者でな。必ずまたコーヒーを飲みに来てくれよ。
      待っているからね」

( ^ω^)「ええ。約束だお」

内藤はXARAにまたがりアクセルを吹かす。
重低音と排気ガスをマフラーからちらしながらXARAはゆっくりと加速し、早朝の街中へと走っていった。

218 名前:
1 ◆ndPkY/NmQ6 投稿日: 2005/12/27(火) 23:50:11 ID:eNrM/5SKO

ゆっくりと昇る朝日の方向へXARAを走らせる。
やがて、最初の怪人と戦った場所へと通りかかった。

( ^ω^)(懐かしいお‥‥もうずっと前の事のようにも感じるお)

あの事件以来この辺りは騒然とした空気が流れていた。
だが、少しずつ人々は平穏を取り戻しつつある。
そして、もう二度と同じ悲劇が繰り返されはしない事を内藤は知っていた。

( ^ω^)(お?)

内藤は前方の少し遠くに人影を見つけブレーキを引いた。

( ^ω^)「XARA。少し時間とるけど間に合うかお?」

./ ,' 3 `ヽ「十分程ナラ。」

( ^ω^)「分かったお」

220 名前:
1 ◆ndPkY/NmQ6 投稿日: 2005/12/27(火) 23:52:26 ID:eNrM/5SKO

内藤は減速し、人影の横にバイクを停めた。

( ^ω^)「ツン先輩!!」

ξ*゚听)ξ「内藤君!!
      そっか‥‥もう行くのね‥‥」

( ^ω^)「僕が旅に出ることを知っていたのかお?」

ξ*゚听)ξ「長岡君のお父さんに全部聞いたわ‥‥
      全く!!アンタ如きが私に何の挨拶もせずにどこかに行こうだなんていい根性してるじゃないの!!」

(; ^ω^)「う‥‥ごめんだお」

ξ*゚听)ξ「本当に何考えてるのよ!!いったいどこに行くつもりなの?」

( ^ω^)「まだちゃんとは決めてないお。
      でもとりあえず最初は父さんがXARAを発掘したメキシコあたりに行こうと思ってるお」

222 名前:
1 ◆ndPkY/NmQ6 投稿日: 2005/12/27(火) 23:53:53 ID:eNrM/5SKO

ξ*゚听)ξ「全く‥‥相変わらずいい加減ね。で、ちゃんと帰ってく るんでしょうね?」

( ^ω^)「うん、とりあえず長岡を助ける手掛かりを見つけたら帰ってくるお」

ξ*゚听)ξ「本当にいつになるか分からない話ね。ちゃんと連絡しなさいよ。」

./ ,' 3 `ヽ「大丈夫デス。時々メールシマス」

( ^ω^)「メールってお前ケータイあるのかお?僕のケータイ何かどっかいっちゃったんだお。」

./ ,' 3 `ヽ「内藤様ノ物ヲ分解シテ取り込みマシタ。ソレニヨリ通信機能が追加サレマシタ。
       尚、不必要なデータ(主にエロ画像)ハ全テ消してオキマシタ」

( ^ω^)「ちょwwwwwお前勝手に何やってるんだお!!!」

224 名前:
1 ◆ndPkY/NmQ6 投稿日: 2005/12/28(水) 00:01:07 ID:dUzDxTQlO

ξ゚听)ξ「私だけ何も分からないなんて‥‥嫌なのよ。
     私、もう一度あなた達が走ってる所を見たいんだから」

( ^ω^)「ツン先輩‥‥やっぱりツン先輩はかわいいお」

ξ////)ξ「な!!何言ってるのよ!!本当に馬鹿ね!!
      ねえ‥‥ちゃんと帰って来なさいよ。待ってるから‥‥」

( ^ω^)「分かったお。約束は守るお。
      じゃあ‥‥行ってきます。」

ξ*゚ー゚)ξ「いってらっしゃい。」

内藤はまたアクセルを吹かし何処へと走り出す。
友との約束を守るため、帰りを待つ人たちのために、
そして助けを求める声の元へ、彼は今日も地平線の向こうを走りつづける。

彼の戦いはまだまだ続く。いつの日にか安息が訪れるその時まで‥‥‥。

頑張れ仮面ライダーBOON!!負けるな仮面ライダーBOON!!!!

225 名前:
1 ◆ndPkY/NmQ6 投稿日: 2005/12/28(水) 00:08:31 ID:dUzDxTQlO

        出演

( ^ω^)内藤ホライゾン(仮面ライダーBOON)

 _
( ゚∀゚)ジョルジュ長岡(仮面ライダーπ)

(´・ω・`)ショボーン(マスター)

ξ*゚听)ツン

('A`)ドクオ

( ゚д゚ )?(名前不明)

./ ,' 3 `ヽXARA(声・荒巻スカルチノフ)

      !   ノ  ≡
    _,,(0ω0I=) ≡
   ./ ,' 3 `¥ )  ≡
   〇  【⊂ノ<つ    
   `'ー---‐'''''"    ≡       
   /《    |   ≡
   @     @ ≡      〜fin〜


戻る 進む