×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


エピローグ

463 名前: エピローグ ◆3mfWSeVk8Q [sage] 投稿日: 2005/11/22(火) 07:28:48 ID:wBmJVrO30

あの、怒涛の一日から一週間
今日も道場からは、生徒たちの掛け声が聞こえる
そんな中、ブーンはふとんの上で養生していた

(;^ω^) 「あの・・・ツン?」
ツン 「なに? ・・・・・・話し掛けないで・・・・・・・!」
(;^ω^) 「いや・・・でも・・・・・・・・・」
ツン 「話し掛けるなっ!!」
(;^ω^) 「うさちゃんリンゴが、稲葉の白兎みたいになってるお・・・・?」
ツン 「#・・・・・・・もういいっ!!」
(;^ω^) 「いや、キレられても・・・・・」

ブーンは、毒男との一騎打ちに、負けた
刀を折られ、毒男の竜巻で、ショボンと同じように切り伏せられた
気を失っていたので覚えていないが、ツンが酷く泣いて暴れたそうだ

464 名前:
エピローグ ◆3mfWSeVk8Q [sage] 投稿日: 2005/11/22(火) 07:29:10 ID:wBmJVrO30

ブーンに勝った毒男は、ひどく晴れ晴れとした表情で
先生にこう言った

('A`) 「あーあ・・・・・人生最大の壁、乗り越えちまったみてぇだわ」
先生 「私を・・・・切らなくて・・・いいのか・・・・?」

毒男は笑い

('A`) 「今はそんな気分じゃねぇしw ・・・さて、落とし前でもつけますか」

そう言って、着流しの上をはだけ、脇差を抜く

('A`) 「ショボン・・・お前はラウンジを、きっちり守ってくれよな・・・?」
('・ω・`) 「え・・・・・まさ・・・か・・・・・?」
('A`) 「こんだけのことしたんだ・・・・こうでも、しねぇと? な?」

笑い、いざ、と脇差を振り上げたところで、先生は呟いた

先生 「逃げるのかい?」

465 名前:
エピローグ ◆3mfWSeVk8Q [sage] 投稿日: 2005/11/22(火) 07:29:26 ID:wBmJVrO30

('A`) 「あ・・・・・? 逃げるだと・・・・?」
先生 「死んで・・・・逃げるのか、と聞いたんだが・・・・?」

毒男は、冗談、と、悲痛な顔をして

('A`) 「俺は、逃げねぇで、こうして腹切って・・・・・責任をとるんだ・・・!」
先生 「それが、逃げだと言っているのだが・・・・?」
('A`) 「・・・・・・俺に、武士らしいことをするなと、言うのか・・・・?」

睨む毒男。そうじゃない、と先生は続けた

先生 「ブーンは、お前に負けた」
    「ならば、きっと・・・・再戦を申し込むだろうさ」
    「お前は死んで・・・・・・勝ち逃げする気なのか・・・・・?」
('A`) 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

毒男は、しばしうつむき、それから、ひでぇよ、と言った

('A`) 「ひでぇよ・・・・ずるだぜ・・・? ・・・そんなの言われたら・・・・」
    「腹なんか・・・・切れねぇ・・・じゃねぇかよ・・・・・・!!」

毒男は、声を出して泣いた

466 名前:
エピローグ ◆3mfWSeVk8Q [sage] 投稿日: 2005/11/22(火) 07:29:44 ID:wBmJVrO30

その後、毒男は走って逃げていった
朝になったら、長岡の姿もなかったので、一緒に今も動いているのだろう

ショボンも、ある決意を固めていた

('・ω・`) 「ラウンジ流の道場を、もう一度興してみようと思います」
先生 「・・・ニュー速流に・・・いてもいいんだぞ・・・・・・?」
('・ω・`) 「いえ、僕は、心底ラウンジの人間だったんです・・・・」

今回のことで、それがわかりました、というショボンの顔は寂しげだったが、

('・ω・`) 「今度、毒男が来たときは・・・・負けません・・・!!」

最後は笑顔だった

467 名前:
エピローグ ◆3mfWSeVk8Q [sage] 投稿日: 2005/11/22(火) 07:30:01 ID:wBmJVrO30

結局、ニュー速流に残ったのは、ブーンとツンと先生だけだった
一応、ショボンは近所だが、もうニュー速流の門下ではない
少し寂しいけれど、みんな、それぞれの道を歩き始めたのだろう

十年前の、呪縛を解いて・・・・・・・・


ツン 「ぜっっっっっっったい!! この包丁おかしいわよ!?」
(;^ω^) 「いや、おかしいのはツン・・・・!?」
      「刃物? 刃物? 怪我人に刃物かお!? ちょ・・・・・!!!」

ニュー速流は、変わらず、騒がしかった




                                      完


戻る